SSブログ
[本] おしらせ [本]
[1] このブログはルピナスの書く小説を押し込めたブログです。主に短編で、時に二次小説を含むかもしれません
[2] ブログ内の文章および画像は、許可を出した時以外は転載・転写・複写・配布などは禁止です。よろしくお願いします
[3] 新連載「シェルティーとヒナの青い空」は、ブログ友達すずなちゃんのオリジナルキャラクターを許可を得てお借りして描いています。よってキャラクターの著作権はすずなちゃんにあります。
 すずなちゃんのブログはこちら 本家エル・ティリアはこちら
[4] シェルティーとヒナの青い空 は、すずなちゃんの書くエル・ティリアとは別物になります。内容や世界観は繋がっておりません。管理人独自の勝手な妄想ですwあしからず。
byルピナス
*次回第6話は、6/15up予定です
ビターバレンタイン 完結 ブログトップ
前の5件 | -

ビターバレンタイン 1話 [ビターバレンタイン 完結]

E8A1A8E7B499.jpg





 ダークブラウンに真っ赤なリボンをかけた、ハート型オブジェ――。

 それは、女の子を戦闘態勢にする為のバレンタインカラー。


 でも、私には、何の効果もないけどね。

 だって、現在進行形の恋人や猛烈に恋人にしたい人なんて、いないから。


*******


 ――試食してみませんか? 新商品のチョコレートで、カナダ産の上質なカカオをふんだんに――

 バレンタインカラーの衣装を着た綺麗なお姉さん達が、声をかける。


 街中がチョコレート色に染まるイベント。
 バレンタイン。




 私は、CDショップの帰りに少し遠回りをして街中をぶらついていた。



「バレンタインかぁ・・・」

 なんとなく呟いたら、幼馴染の哲(テツ)の顔が浮かんだ。

 1歳年上の21歳で、大学生。

 哲には毎年、義理チョコというか友チョコというか・・・・・・恒例の年賀状みたいなチョコレートを欠かさずあげてる。





 けど・・・・・・そろそろネタ切れかも。



 
 今年はどんなチョコにしよう?

 ・・・・・・・・・・・・そういえば、去年はどんなのだっけ?






 私は、バス停に向かって歩きながら考えた。

 あんまり拘りすぎると予算がオーバーしちゃうから、その辺はそこそこで。

 でも、喜んでもらえないと意味がないから、工夫しないとね。



 考えながらキョロキョロしていたら―― 



 小さな赤いハートがいっぱい宙を舞ったショーウィンドウが目に留まった。

「あっ! このお店可愛いっっ!」

 ディスプレイに惹かれて扉を開ると――店内は、チョコレートを抱えた女の子でいっぱいだった。 


 うわぁ、混んでるし・・・・・・。

 一瞬、引き返そうか迷ったけど、でもせっかく入ったんだから見ていく事にした。


 女の子が一番群がってるのは、このお店オススメの高級トリュフチョコレートらしい。

 チラッと値札を見る。

 1箱4個入り2500円・・・・・・たかっ! 4個でっ!? 高すぎでしょっ!

 でも、一番売れてるんだよね。

 そんなに美味しいのかなぁ。ちょっと気になった。

 とりあえず、気になったチョコレートを味見用に購入して、お店を出た。


「ふぅ・・・・・・それにしても混んでたなぁ」


 買ったのは、金色パッケージのコインチョコと、一番人気の高級カカオのトリュフチョコ。

 結局買っちゃった、一粒だけだけど・・・・・・家に帰ってから、ゆっくり味見しよう。

 チョコレートに合わせてラッピングも考えなくちゃ。


 私は、またバス停に向かって歩き出した。




 すると――

「あれ? 哲・・・・・・?」
 
 バス停が直ぐ目の前に見えてきたとき、哲らしき人影が視界の隅を横切った。


 
 今の哲だよね?


 私は、哲らしき人がいた方へと向きを変える。





 いたっ! やっぱり哲だ。

 こんなところで何してるんだろう? 今日は大学で用事があるって言ってたのに・・・。


 そう思って声をかけようとした、次の瞬間――

 私の体は固まった。


 お、女の子!?




 まさか・・・・・・もしかして、彼女・・・・・・。





 一人だと思っていた哲は、茶色い髪の女の子と一緒に楽しそうに歩いていた。







<つづく>
nice!(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ビターバレンタイン 2話 [ビターバレンタイン 完結]




 哲に彼女が出来たなんて、聞いてなかった。


「それって、あれじゃん? 大学の後輩とか? バイト先の~とかじゃないの? 哲の事だからさ、どうせ頼まれて断れなかったってヤツだよ、きっと」

 リビングのソファに座っていた勇喜が答える。

「ん~、それは有り得るんだけどさぁ・・・」

 それにしては、妙に楽しそうだった気がするんだよね。




「そんな事よりさ、葵・・・・・・そんなに板チョコ買ってきて何すんだよ?」

 勇喜が、不思議そうな顔でテーブルの上に視線を向けた。

 勇喜は、哲の従弟で家が近所。まだ中学生だけど、ちょっと生意気。


「ああ、これ? 今からチョコレートを作るの。バレンタインの試作品」

「おおっすげぇ。葵、お菓子作れんの?」

「たぶん」




「・・・・・・たぶん?」


 勇喜の顔色が変わった。



「・・・・・・まさか、俺に試食させるつもりで呼んだんじゃ・・・?」




「えへっ」

「えへっ、じゃねぇっ!」

「大丈夫だよ。チョコレートは初めてだけど、お菓子は作ったことあるし。板チョコ溶かして固めればいいんだから。簡単でしょ」


「・・・そうなのか・・・そうかなぁ・・・・・・」


 勇喜は渋い顔で唸る。


「大丈夫! 大丈夫! 本も借りてきたから。さ、初めよ」


 私は、不安そうにする勇喜をよそにチョコレートを刻み始める。





「えぇっと、刻んだチョコレートをボウルに入れて湯銭にかける・・・そして、テンパリングをし・・・テンパリング!? って何?」




 まずい、イキナリ躓いた。

「葵~、本当に大丈夫かぁ? なんなら、俺の友達に上手いヤツいるから連絡してやろっか?」

 テレビを見ながら勇喜が言った。


「大丈夫だよ~。作業にちょっと手間取ってるだけだって」

 とか言いながら、本当は、ちょっとそうして欲しいとか思ったりした。



「ふーん・・・まあ、いっけど」


 最初だから、失敗は当たり前。何度も試作して美味しいチョコ作ればいいんだもん。

 その為に材料いっぱい買ってきたんだから。


「よしっ、頑張るぞっ!」

 私が気合いを入れた、その時。

 ピンポーン―― 

 チャイムが鳴った。

 誰だろう? お届け物かな?

「はーい。今、開けまーす」





「こんにちはー」

「哲!?」

 聞こえてきたのは哲の声で。私は急いで玄関を開けた。



「こんばんは、葵」

「どうしたの? 今の時間ってバイトじゃない?」

「ああ、今帰り。そこのコンビニでプリン買ってきたから一緒に食べようかと思ってさ、入っていい?」

 そう言った哲の手には、コンビニの袋がぶら下がってた。


「え? あ、うん。どうぞ・・・」

 あっ、チョコレートの材料がっ。



「あれ? 葵、チョコレート作ってたの? 甘い香りがする」

 バレちゃった。ナイショにして驚かそうと思ってたのに。


「う、うん、まあね。でも、なかなか上手くいかなくて・・・えへへ」

「そっか、頑張り屋さんだな、葵は。ほい、ご褒美」



 哲がくれたプリンは、私の大好きな生クリームの入ったカラメルプリンだった。


 哲が来たから、チョコレート作りは休憩。

 3人でリビングに座ってプリンを食べた。と言っても、2個しかなかったから哲は食べずに勇喜が食べた。


「そういえば、哲さ? こないだの日曜日、女の子と一緒だったって?」

「っっっ!? ・・・・・・なっ、急に何言うんだよ」

 勇喜の突然の質問に、哲は飲んでた紅茶を噴出した。

 もしかして、動揺してる?

「分かりやすすぎだろ・・・誰? なぁ、なぁ、誰だよ?」

「誰でもないよ。その日は大学でゼミの活動してたから街には行ってないし。人違いだよ」

「ふーーーーん・・・・・・」

 ・・・そっか、そうだよね。






 勇気は怪しい目付きで哲を睨んでたけど、私は哲の言うことを信じる事にした。

 だって、哲が私に隠し事なんてするわけないし。

 そう思ったら、なんか体が軽くなった気がした。





<つづく>
nice!(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ビターバレンタイン 3話 [ビターバレンタイン 完結]




 危なかった。もう少しでバレるところだった。



「あはは。良いんじゃないですか? ばれちゃっても」

 面白そうに笑うのは、茶色い髪に蒼い瞳の蒼華(そうか)ちゃん。

 高校生で、勇喜の友達だ。

「いやいや、出来れば内緒にしておきたいんだ。その方が驚きが数倍だろうからね」

「確かにそうですけどぉ・・・・・・彼女さん、怪しんだりしてませんか?」

「か、彼女じゃないよっ、葵は。幼馴染なんだ、うん」

「あはは」

 お鍋で生クリームを温めている蒼華ちゃんが、また笑った。





 何か変な事言ったかな?


「そうなんですね。仲がいいんですね・・・・・・あ、哲さん、湧いたのでボウルに入れますよ」

「は、はいっ」

 ボウルに生クリームを注ぐと、チョコレートはあっという間に溶けた。

 蒼華ちゃんは、すばやくチョコレートをかき混ぜている。


 へぇ、これがトリュフチョコになるのかぁ。

 僕は、関心しながら作業を見学していた。

「これがガナッシュといいます。後は、少し冷やしてから小分けにします。15分くらいでしょうか?」

「・・・なるほど。じゃあ、少し時間が空くのかな? 蒼華ちゃん座って休憩してて、僕が片付けるから」

 丁寧に蒼華ちゃんが説明してくれるのは、トリュフチョコレートの作り方。

 バレンタイン用に作りたくて、彼女に手ほどきしてもらっているんだ。

 この間の休日は、材料の買出しに付き合ってもらったのを見つかってしまったらしい。
 



 勇喜に突っ込まれた時はどうしようかと思った。

 なんとか誤魔化せたけど。


 当日までは、ちゃんと隠し通さないとな。






「おーーーい!! てーーつーー! そーーかーー!」

 思いっきり聞き覚えのある声が、玄関の外で響き渡った。


「来た。勇喜だ」

「あ、私が出ますね」


 僕の代わりに蒼華ちゃんが玄関へ向かってくれた。


「ちわーーっす! お邪魔しまーすっ。チョコレートは出来たかぁ?」

「まだだよ、ゆっくん」

「ちぇー、なんだぁ」

 二人の会話がキッチンまで聞こえる。

 小さな1ルームだから、聞こえてきてあたり前なんだけど。




 ゆっくんて呼ばれてるんだなぁ。



「いらっしゃい、勇喜。そこに座って」

 入ってきた勇喜をリビングへと案内する。

 勇気を呼んだのは試食の為――っていうのは建前で。

 本音は、蒼華ちゃんと二人きりにならない為だった。

 女の子が男の人と部屋で二人きりになるなんて、危ないし。僕はそんなことはしないけど。

 でも、これは、男としてのマナーだと思ったから勇喜を呼びつけた。

「今、ちょうど休憩してたところだったんだ。何か飲む?」

「ううん。いらない、持ってきたから」


 ドサっとテーブルの上に置かれたのは、お茶が入った2リットルのペットボトル。

「じゃあ、コップ出すよ」

 僕はキッチンへと戻った。





 じつは、勇喜には聞きたい事があった。

 電話した時に聞いておけば良かったのに、何となく聞きそびれてしまって。


 そのまま、聞けないままだった。

 でも、うまく切り出せない。どうしようか・・・・・・。




 コップを持って二人の所へ戻ると、勇喜と蒼華ちゃんが何かもめていた。

「ムリだよ、ゆっくん。そんなの出来ないよぉ、だから、フォンデュで我慢して」

「ヤダ。俺はチョコファウンテンがやりたいっ」



 な、なんだろう? 会話の意味が良く分からない。

 でも、とりあえず、勇喜が我が儘言ってるって事だけはわかる。

「勇喜、蒼華ちゃんが困ってるじゃないか。ムリ言うなよ」


 勇喜は、プイっと横を向いてしまった。拗ねたかな。

 ますます聞きづらくなったなぁ。

「ゆっくん・・・」




 その後、蒼華ちゃんが作ったチョコレート皆で試食して、僕のチョコレートレッスンは終わった。

 食べたチョコがかなり美味しかったらしくて、勇喜の機嫌は治ったみたいだった。

 その勢いで、蒼華ちゃんを家まで送っていった。



 結局、聞けなかった・・・・・・。




 葵は、誰の為にチョコレートを作っているんだろう。





<つづく>
nice!(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ビターバレンタイン 4話 [ビターバレンタイン 完結]



 あれから結構練習した。


 思っていたよりも難しくて、本の通りに作ってる筈なのに上手くいかない。


 なんで?

 その理由は、本には書いてなかった。

「うーん・・・まただぁ。どうして、こうなるのかなぁ」

 チョコレートを入れたはずのボウルには――


 茶色い紙粘土のような塊と、薄茶色の半透明な液体が入っていた。

 ――というより、出来上がった。



 これって、チョコレート・・・だよね?

 スプーンでつついてみる。


 ものすごく弾力があって、ガムみたい。





 うーん・・・・・・。



「それは食べないぞっっ!!!」

 試食要因として呼び出していた勇喜が、叫んだ。



 そんなに、拒絶しなくてもいいじゃん。



 ・・・・・・まあ、確かに美味しそうには見えないかもだけど。


「やっぱこっちのクッキーにしようかな~」


 ・・・いや、絶対トリュフチョコ作るんだっ! 3回失敗したくらいでなんだ」

 めげないぞ、うん。




 また、チョコレートを刻むところからやり直す。



 ――と


 材料が足りない。肝心のチョコレートが少ししか残っていなかった。


 仕方ない、買いに行ってこよう。

「勇喜? 材料買いに行って来るけど、どうする?」

「あ? なんだ? 出かけるのか? じゃあ、俺も出る。一人で待っててもつまんないしな。ついでに、お菓子買お」



 私は勇喜を連れて街に出た。



「わざわざ街まで行くのか? スーパーでいいじゃん?」

「いいの。美味しいチョコレートを作るんだから」


 街の専門店や雑貨屋さんには、バレンタインの手作り用のチョコレートが売っている。

 味も香りも高級なチョコ。その分値段は高いけど。


 でも、せっかく作るんだから美味しいものが作りたい。

 哲を驚かせてやるんだ。

「私にだって、これくらいは出来るんだぞ」

「は?」

「ううん、なんでもない・・・」


 
 街は、家からバスで20分。



 いつもよりカップルが多い気がした。

 みんな楽しそうだなぁ。


「葵! 葵! あの店入ろうぜ!?」


 勇喜が指を指したのは、美味しそうなケーキが並んだカフェ。

「うわ~美味しそう~って、チョコレートの材料を買いにきたの。ケーキは後で」

「え~~」

 私だって食べたいよ。

 でも、本番は明日なんだから急がないと。


 不満そうにする勇喜を強引にひっぱって、専門店でチョコレートを少し多めに買った。

「これでよしっと・・・・・・じゃあ、さっきのカフェにいこっか?」

「おおお、やった。行こうぜ、行こうぜ」

 ここ最近、ずっとチョコレートばかり試食させてたから、そのお詫びも兼ねて奢ってあげよう。



 私も気分転換にお茶くらいしたいしね。



 どんどん先を歩いていってしまう勇喜を見失わないように、なるべく早足で歩いた。


 けど、店の前に着いたところで、勇喜は急に「行かない」と言い出した。

「なんで? 遠慮しなくていいよ、奢ってあげるし。入ろ?」

「いや、やっぱいい。別の店にする。だから、帰るぞ」


 どうしたんだろう? あんなに入りたがってたのに・・・。


 不思議に思って店の中を覗くと・・・・・・。

「あ、馬鹿っ」







「・・・哲?」






 哲がいた。

 あの時と同じ、茶色い髪の女の子と一緒に座ってる。


 気のせいじゃなかったんだ。やっぱり、デートしてたんだ。


 それなのに、私に隠して・・・。


「おいっ・・・・・・。 葵っ・・・」




 私は踵を返してバス停に向かった。

 声をかけようなんて思いもしなかった。

 その場から、少しでも早く離れたかった。




「なんでっ・・・・・・・・・」


 何で黙ってるんだろう。

 彼女が出来たなら、そう言って紹介してくれればいいのにっ。





 家についた私は、荷物をリビングへ置くと部屋に閉じこもった。


 一緒にいた女の子は、髪は茶色で目が蒼かった。

 背は私よりも低くて、線が細そうだったな。年下かな。

 あの子が哲のタイプ・・・・・・?





 チョコレートは、もうどうでも良くなった。



 わざわざ、私が手作りすることないよね。彼女がいるんだから・・・。

 彼女に作ってもらえばいいじゃん。








 結局、私はそのまま眠って、次の日の本番を迎えた。






<つづく>



nice!(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ビターバレンタイン 5話(最終話) [ビターバレンタイン 完結]

 猫のキャラクターの目覚まし時計が鳴るより早く、スイッチを止めた。




 私は、日曜日でも平日と変わらず6時に起きる。

 母さんを手伝って朝食を作るために。





「葵ちゃん、今日は哲くんとお出かけするんでしょう?」

 お味噌汁のねぎをきざみながら母さんが聞いてくる。


 今日はバレンタインだった。




 でも、哲と会う約束はしていない。

「チョコレートは今から作るの? 材料がテーブルの上に置いてあったから冷蔵庫に入れておいたわよ」

 そういえば、昨日は夕食も食べずに寝てしまった。


「・・・・・・別に、哲とは約束してないし・・・」

 きっと、哲は彼女と会う約束をしてるはずだから。


「あら? そうなの? 珍しいのね」

 そう言うと、母さんは朝食の仕上げをした。


 私が並べたお皿の上に、ハムエッグとほうれん草のソテーがのる。

 お味噌汁とお漬物が並んで、私がご飯をよそったら朝食セットができた。



 いつもなら、その日の予定を母さんに話しながら食事をするのに。

 今日は何も話す事がない。


 私は、母さんに突っ込まれるのが嫌で朝食をさっさと済ませて部屋へと戻った。




 ベットに座って溜息をつく。

 なんだか気が重いなぁ。


 どうしたんだろう・・・・・・。


 何もする気が起きないや。


 私はベットに横になった。

 すると、机の上においてある青いリボンを結んだラッピング袋が目に入った。

 哲にあげようと思って買っておいたものだ。





 でも、もう必要ないのかも・・・・・・。



 
 そう思って目を閉じると――

 ビー、ビー、ビー


 バイブにしてあった携帯が鳴った。

 振動でガタガタしてる。

 起き上がるのが面倒だった。









 しばらくすると、携帯は静かになった。





 2度目は鳴らない。

 もしかして、哲だったかも・・・・・・。

 ・・・・・・そんなわけないか。

 そして、私はそのまま眠りについた。




*****




 ――葵ちゃん。はじめまして。私、哲くんの彼女なの。

 茶色い髪の女の子は言った。

 は? 彼女?


 ――そうよ。チョコレートは私があげるから、葵ちゃんからはもうあげないでね。

 手には赤いリボンを結んだハート型の箱が包まれていた。

 な、何言ってるの?


 ――葵ちゃんも早く彼氏を見つければいいんだわ。

 そんな事、あんたに関係ないでしょ。


 ――ねえ、そうでしょ。葵ちゃん

 女の子は終始笑顔を崩さなかった。

 何よ。うるさいなぁ。なれなれしく呼ばないでよ。


 ――葵ちゃん

 だから、呼ばないでってば!


 ――葵ちゃん

「――ちゃん、葵ちゃん。聞こえてる? 哲くん来てるわよ?」


 哲・・・・・・?


「哲!?」

 私は飛び起きた。

 ドアの向こうで母さんの声がしていた。

「リビングにいるから早く下りてきなさいね」

「わ、分かった」

 とりあえず返事をしたけど。




 哲が来てる? なんで?


 目覚まし時計を見たら、針は8時を指していた。

 1時間以上も眠っていたらしい。

 髪を手ぐしで整えて、急いで階段を下りた。




「哲?」


 リビングには本当に哲が座っていた。

「葵、おはよう。朝早くにごめんな」

 哲の笑顔は相変わらず爽やかだった。


「ううん、別にいいよ・・・・・・それより、どうしたの?」




 夢見が悪かったせいか、妙にドキドキする。

 まさか、彼女のこと・・・・・・とかじゃないよね?

 私は、哲の向かいに座った。



「えっとさ・・・・・・これ・・・・・・なんだけど」

 哲は、紙袋の中から小さな四角い箱を取り出した。


 青い箱に、茶色いチェックのリボンが結ばれている。




「・・・・・・何? これ?」

「チョコレート。バレンタインだからさ」










 え?

「私に?!」

「そうだよ。開けてみて」

E891B5-85bac.jpg


 なんで? 哲が私に? わけが分からない。

 今日はバレンタインだよね。誕生日じゃないよね?
 
「どうしたの? 葵? もしかして具合悪かった?」

 哲が心配そうに私の顔を覗き込んだ。



「ううん・・・・・・そうじゃなくて・・・」

 ただ、戸惑ってるだけ。


 私は、哲が差し出してくれた小さな箱を手に取った。



 コロン・・・て、何かが動いた。

 リボンを解いてフタをあけると――



 丸くて小さなトリュフチョコレートが、1粒だけ入っていた。


「トリュフ?!」

 思わず声にしたら、哲が照れくさそうに鼻の頭をかいた。

E593B2-a23bc.jpg

「頑張って練習したんだけど、上手く出来たのはそれ1粒だけだったんだ。葵、トリュフチョコ食べたいって言ってただろ? だから――」

「だから、作ったの?」




 私が好きだって言ったから・・・・・・。

「まあ、ね・・・・・・」



 何にも言葉が出てこなかった。

 私が、哲の彼女のことでいじけてる間に・・・・・・哲は・・・・・・。



 敵わないなぁ・・・・・・。



「ありがとう、哲」

「いえいえ。実は、蒼華ちゃんに教えてもらったんだ。あ、蒼華ちゃんていうのは、勇喜の彼女で――」




 ちょっとまって。


 それって、まさか――

「髪が茶色くて、蒼い瞳の女の子? 土曜日に街中のカフェでお茶してた?!」

「そ、そうだけど・・・」

 哲はびっくりしたように頷いた。


「なんだ、そっか・・・・・・」


 勇喜の・・・哲の彼女じゃなかったんだ。

「チョコレート作りを教えてもらったお礼にケーキを御馳走したんだ。って言うほどのもんでもないんだけど」


「そっか・・・・・・そっか、そっか」

 

 ほっとした。急に、胸のつかえが取れたみたいだった。



 そして、気持ちが軽くなった途端、私は重大な事を思い出した。


 哲のチョコレート、作ってない!!!

 材料は冷蔵庫に入ったままだ。



 ・・・・・・・・・・・・・・どうしよう・・・。






「じゃあ、葵、僕はこれからバイトだから、もう行くね」

 え? ちょっ

「待って!」

「ん?」

 立ち上がろうとした哲を呼び止めたけど、肝心の渡す物がない・・・・・・?


 そ、そうだ! あるじゃん!

「待って、待ってて。急いで取ってくるからっ!」

 哲をもう一度座らせてから、私はもうダッシュで2階へ上った。


 部屋へ駆け込んで、机の上においてあった袋を引っ掴む。



 リビングへ戻ってくると、息を切らした私を哲が不思議そうに見ていた。





「こ・・・・・・これ・・・・・・哲に」

「僕に?!」

 哲がひどく驚いた声を出した。



「・・・うん。バレンタインの・・・・・・」

 息がきれて、うまく声が出せなかった。



「うわっ、ありがとう。ありがとう、葵」

 すごく喜んでもらえたみたいだった。

 哲は、袋を開けずに持ってきた紙袋にしまった。



「開けないの?」

「うん、今からバイトだから家に帰ってからゆっくり開けるよ」




「そう・・・・・・」



 ちょっぴり残念な気持ちだったけど、プレゼントが渡せて満足だった。


 良かった、ちゃんと買っておいて。



「じゃあ、行くよ」

「うん」



 哲は、私のプレゼントを入れた紙袋を持ったままバイトへと向かった。





 チョコレートも作っておけば良かったなぁ。

 今更言っても遅いけど・・・・・ん?




 遅くない・・・・・・かも?


 良く良く考えたら、まだバレンタインは終わってない。

 まだ、間に合うじゃん。










 私は冷蔵庫に入っていた材料を取り出すと、またチョコレートと格闘を始めたのだった。








<おしまい>


 






あとがき


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の5件 | - ビターバレンタイン 完結 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。